のんきな野人化計画
do it yourself life style
ものことづくり

蛤浜流ツリーハウスのつくりかた   〜完成!!そして色々な出会い〜

ツリーハウス

毎日ロープに吊られること8時間。

徐々に形になってきました。

すると、様子を見にきた宮城水産高校の先生が研修として石巻を訪れてた先生を紹介してくれました。鹿児島出身の俺に鹿児島の先生が来てるって事でわざわざここまできてくれたんですが、、、

 

なんと!!!!

高校の先輩でした!しかも2つ上で高一の時の三年生。応援団長で超〜〜〜恐ろしいイメージしかありません(汗)

ツリーハウス

しかし、こんなミラクルありますかねぇ。

石巻で鹿児島の高校の先輩に会うなんて。ご縁です。

 

屋根工事ではわざわざ岩手から画家であり職人のボランティアさんが手伝いに来てくれました。外壁同様、ウロコ型の板を順番に重ねていきます。

ツリーハウス ツリーハウス

そして先端には浜で飼っていた羊の「クロシ」をモチーフにした

風見鳥ならぬ風見羊を設置。

ツリーハウス 風見鳥

 

屋根が出来上がり、ほぼ躯体が仕上がったので、今度は装飾に入っていきます。

ツリーハウス 蛤浜
ツリーハウス 蛤浜こちらは日の出をイメージ
ツリーハウス 蛤浜昔使われてた、ガラス製のウキ
ツリーハウス 蛤浜蔓ではまぐりを作ってみたり
ツリーハウス 蛤浜流木チェアー
ツリーハウス 蛤浜
ツリーハウス 蛤浜ドリームキャッチャー
ツリーハウス 蛤浜中には保育園の椅子と蛤浜にあった昔の建具

 

あとは、スロープを作り

ツリーハウス 蛤浜階段を付けたら完成!!!!
ツリーハウス 宮城県石巻市蛤浜

さらに看板を取り付け!!

実は、ツリーハウスにちゃんとした階段がつくのは仕事の関係で半年くらいかかってしまいました(笑)今では、木製の梯子でハラハラして登った人の方がレアですね!

3号機の名前は

『KAMEYAMA SABURO』になりました。

「なぜKAMEYAMA?」そんな質問よく聞かれます。

実は、蛤浜の住民は全員「亀山」なんです。ルーツもそれぞれなのにも関わらず、大昔の時代の流れで変えざるをえなかったとか、なかったとか。。。

 

ツリーハウス 宮城県石巻市蛤浜看板取付後にみんなでパチリ。

 

糸井重里さんはじめ、東北ツリーハウス観光協会の皆さん、ヤフオクさん、ツリーハウスビルダーのタケさん、そして製作に関わった全ての方々に感謝申し上げます。

 

P.S.

実は、高校の時からファンだった「東京スカパラダイスオーケストラ」

建設中にも訪れていただき、完成した後にも、蛤浜を訪れツリーハウスでも写真を撮っていってくれました。(メンバーの中に蛤浜で見慣れた顔も混ざってますwww)