のんきな野人化計画
do it yourself life style
Uncategorized

東日本大震災から10回目の誕生日を迎えました

誕生日

当たり前っちゃ当たり前ですが、震災から10年目の2020年。

石巻で10回目の誕生日を迎えました。

10年も経つと皆 大人になり、ここ数年は顔面ケーキの恐怖も無くなってきました。

成長したね。みんな(笑)

当時は地震発生から5ヶ月経ったにも関わらず、ずっっっっっっっっっっと瓦礫の撤去とヘドロでパンパンになった側溝の掃除をしていました。

ベースキャンブさくらの湯@ベースキャンプ

石巻から1時間半離れた内陸の大崎市にあるさくらの湯にベースキャンプを張り、毎日ボランティアを乗せバスを運転し、日々100人を超えるボランティアが入れ替わり、ダンプでボランティアが集めた瓦礫を集積所まで運ぶのを考えたら随分普通に戻ったなぁ。

当時の僕は種子島からボランティアに駆けつけ1ヶ月で帰る予定でした。

テレビで流れてた映像がリアルで目の前に広がり

砂埃と異臭が漂い

いつになったら復興するんだ?という先の見えない不安。

 

そんな中で資格を持ってる僕には合法的に安全管理しながらいろんな事ができる。そして、今こんなに暇な職人はいないだろう。って思い、とりあえず延長することにしました。(そもそも職人さんって手に職持ってるので、長期的にボランティアするのは困難なんです)

1ヶ月が3ヶ月になり

3ヶ月が半年

半年が1年

1年くらいで帰ろうと考えてた矢先、蛤浜の亀山先生(当時、宮城水産高校の教員)と出会い、あっという間に10年経ち今に至る。

石巻に来るまで、人生で1000人くらいしか出会った事なかったのに、

この10年で5~6万人の人と出会いました。

でも世界規模で考えると0.000007%

圧倒的に少ないですよね・・・。

 

人と出会い

その人の人生や価値観を聞くと視野が広がる。

人生は常に学びであり、自分で選択し創り上げる事ができる。

 

たぶん、10年目にして、いろいろな価値観を自分なりに咀嚼して、試してる期間になってる気がします。

なので、新しい歳は出逢って、咀嚼して、試してみる年にしてみたいと思います。

数撃ちゃ当たるじゃないけど、やってみないと腑に落ちるところは見えてこない。

日々是精進