のんきな野人化計画
do it yourself life style
ものことづくり

浜の工房 DIY 〜建具・窓・壁編〜

DIY
コンテナハウス

屋根も葺き終わり、壁を仕上げていきます。

今まで手がけてきた建築の資材が溜まってきたので、

ここで使っていこうという話になりました。

コンテナハウス解体される空家からもらってきた建具

壁下地を作っている横でActive Life Lab の了大が建具を解体。

これを何に使うかというと・・・

コンテナハウス中を外し
コンテナハウス溝を広げる
コンテナハウス何本も解体溝切りをやっていきます
コンテナハウスニスを研磨して剥がす

ベルトサンダーがあるととても便利。が、削れ過ぎちゃうので気を付けましょう。

コンテナハウスタイニーハウスの壁材をはめ込み
コンテナハウス完成

じゃーーーーーん!

引き戸の完成です。

コンテナハウス

海側の南面はこんなデザイン。

上のはめ殺しの窓は、隣の折浜の復興工事に伴い解体された倉庫からもらってきました。もらい物なのでサイズが違う・・・。ま、こんな事は慣れっこです。

コンテナハウス引き戸の上の鴨居を作る
コンテナハウス

全てが規格外、なるべく手元にある素材作って格安で仕上げるためのこんな感じ(汗)

自分が使う建物じゃなければこんな事やれない・・・。

ちなみに、溝切りという工具で溝を掘りました

 

 

DIYはめ殺しの窓を製作中

ルーターを使い溝を切り、ガラスをはめれるようにしていきます。

DIY
DIYコーナー部分はこのように加工
DIY枠ができたら下地にはめ込む
DIY

解体される古民家からもらってきた雰囲気のある建具も再利用し、明りとりとして配置。

 

DIY無垢の外壁に防腐剤を塗る
DIY防腐剤が乾いたら一枚一枚下地に貼り付け
DIY
DIYDIY内側から見るとこんな感じ
DIY DIY

外壁と同じ材料で扉も製作。

DIY開口部も規格外のため合板を集成
DIY上下ともに100mm以上足りないので無茶ぶり
DIY開口高2mを超える5枚扉

海がバーーーーーーーンて広がる開放的な工房をお金をかけずに作ろうって思ったら、こんな感じに。

ガラスも微妙にサイズが違ったりして、アシンメトリーデザインとでも言っておこうかな(笑)

海側の扉が終わったので山側の方を仕上げていきます。

DIY下地を作り
DIY外壁材を貼っていく

実はこの外壁、台風で倒木した浜の木で作りました。

倒木畑にどーーーーん。
倒木

重たいで3mくらいに玉切りして搬出し、地元の製材所に持ち込み製材。普通は捨てられる端っこももらってきたわけです。

それを貼り付けていきました。

DIY天板も倒木を使用
DIY

窓は古い扉と割れたガラスをリサイズして新たに作ることにしました。

イメージしたのはウエストバージニア州にある

The Sunset House

かっこいいなーって思っていたので、

sunsetもsunriseも拝めない蛤浜に創ってみました(笑)

DIY DIY

窓を作ったものの、あまりにも新品すぎたので焼杉にしてみる。

DIY

蛤浜版  The Sunset House  に仕上げてみました。

 

次は、床を張っていきます。

床

鉄骨の大引きに根太を敷き並べます。

 

DIY DIY DIY DIY DIY

DIY丁稚奉公で丸森町からきた北斗がお手伝い
薪ストーブ薪ストーブ導入

極寒の外作業にはたまらない薪ストーブ。

ホンマ製作所のだるまストーブはコスパ最強です。


基本、杉の木っ端を燃やすので、ステンレス製をお勧めします。毎日使っても5年は持ちます。鋳物のストーブは憧れますが持ち運びできないので、刻一刻と状況の変わる現場では使いづらいですね。

しかも、ジャノメの足踏みミシンの鉄脚にシンデレラフィット!!

DIY

床が出来上がり、山側の扉を作ります。

これまた隣の折浜で解体された小屋から頂いてきました。

ペアガラスのアルミサッシを解体し

規格品のペアガラスと規格外の開口がハマる建枠を自作します。

DIY海が見渡せる工房
DIY DIY

大きな窓が入ると、とても開放的な空間になりました。