のんきな野人化計画
do it yourself life style
いいこと

自伐林業の可能性を求めて

蛤浜 蛤浜

数年前から蛤浜の自伐林業に取り組んでいます。

蛤浜

低地は津波災害危険区域

高台は土砂災害区域の蛤浜。

荒廃した山林の整備は結構な緊急課題なんです。

 

ただ、今の林業システムはとても生業になるようなものではありません。

昔は、山持ち=金持ちみたいな感じだったようですが、時の流れとともに燃料も石油になり食料もお金でどうにかなる時代。

外材も輸入されるようになり山林の価値は激落。そして放置され、さらに価値が下落&自然災害の誘発という悪循環に。

蛤浜もその悪循環にハマってる場所の1つ。昔は生業として炭を作っていたそうですが。。。

 

もともと、蛤浜を再生するための資金の無かった我々は、資材確保と山の整備を含めて自伐林業に乗り出しました。

 

蛤浜 蛤浜 蛤浜

先ずは枯れた木や竹、枝払いなど地味な、でもマンパワーの必要な作業。

林業

そして、木が眠りに入る冬季の新月に伐採し、葉っぱをつけたまま「葉枯らし」という方法で自然乾燥。蛤浜では木材はこのように調達しています。

切った人から時期や場所・方法まで、小さいからこそできる林業の見える化。

そんな材を使って様々なものを創りお届けしています。

オーダー家具
オーダー家具女川 アスヘノキボウ
ダイニングテーブルCOMICHI

 

そして、さらに海や山のつながりを体験しながら学び遊ぶ。

そんな可能性を探しに台湾に行ってきました。

 

海外とはいえ、仙台空港から直行便が出ているので、東京に行く金額で台湾に行けます。

向かったのは台湾の東側。台湾初上陸では先ず行かない場所です(笑)

日本人観光客にも1度も会いませんでした。観光というより東側に向かう方はサーフトリップが多いですね。

ここで、木製のサーフボードを作るワークショップを受けてきました。

海浪木制

7日間みっちり学び、この経験をもとに蛤浜の材を使い、SUPづくりしてみようと思います。

そして、蛤浜のアクティビティもGWから始まります!

アクティブライフラボ 〜active life lab〜